スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
堂本剛
今更ですが、
私が堂本剛君を好きになったきっかけを書こうと思います。

私が小学生の頃、
「金田一少年の事件簿」が大ブームでした。
もちろん私も見ていました。
その時はまだ、
クラスでその話題になるから‥
単純にドラマが面白いから‥
剛君がカッコイイから‥
とかそんなささいな事でテレビ越しに剛君を見ていました。

それから
なんとなくで
剛君の出るドラマを見るようになりました。
ドラマの主題歌になっていたKinKi KidsのCDを
買うようになりました。
そこで剛君の歌声が素直に上手いなぁ、
って思いました。

でも正直
それだけだったら
こんなにも剛君のこと
好きになってたとは思いません。
KinKi Kidsのファンクラブに入ろう
なんて思わなかったと思います。

では本題に
剛君の何が私の心を惹き止めたのか‥

それは

ぼくの靴音です

今は単行本になっていますが
去年まではMyojoで連載されてました。

この連載読みたさで
6年間Myojoを買い続けました。

“ぼくの靴音”の2ページは6年間分
切り取って大切にファイルに入れてあります。
私の宝物です。

『大人になる必要もない

 子供になる必要もない

 ただ、自分で在れば良い』


“ぼくの靴音”の何が良いのか‥
それは是非書店で買って読んで頂きたい‥

私がすごく落ち込んでいた時

毎晩毎晩泣いていた時

この世から消えてしまいたいと思った時

“ぼくの靴音”を読みました。
何度も何度も読みました。
自分に言い聞かせるように
暗記するくらい読みました。

そして
救われました。
そして
今の私がいます。

今でもたまに
読み返して助けてもらっています。


今ではもう
剛君の全てが好き

剛君の考え方が好きだ

剛君が創る音楽が好きだ

剛君の歌声が好きだ

剛君の弾くギターの音色が好きだ

剛君のお芝居が好きだ

剛君のファッションが好きだ

剛君が描く絵が好きだ


優しい気持ちをありがとう

闘う勇気をありがとう


剛君には
1回でも多く心から笑って欲しい

そう願う今日この頃です‥







スポンサーサイト
2006-01-30 22:36 | 日記 | Comment(0) | Trackback(0)
Comment
コメントを書く
#

管理者にだけ表示
Trackback
Trackbak URL:http://ichi244de51.blog29.fc2.com/tb.php/27-7c51e777
08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。